かっこいいグラフを作成してみよう (1)

Excel を使うと、表のデータを簡単にグラフ化することができます。棒グラフ、折れ線グラフ、円グラフなど、いろいろなタイプのものが用意されています。

でも、どのスタイルのグラフを使えばわかりやすいのか、インパクトがあるのか、判断が難しいと悩まれるかもしれませんよね。安心してください。Excel 2013 には "おすすめグラフ" という機能があります。元となる表のデータから、どんなグラフが適しているのかを判断し、おすすめのタイプを提示してくれるので、そこから選ぶだけでかっこいいグラフが作成できるのです。


この記事は以下の 4 ページから構成されています。

  1. "おすすめグラフ" で簡単挿入 (このページ)

  2. グラフのデザインや色使いを変えてみよう

    グラフの要素を追加しよう

    グラフのスタイルを変更しよう

  3. グラフに表示するデータを選ぼう

  4. 図を積み重ねてグラフを作ろう


"おすすめグラフ" で簡単挿入

ここでは、"おすすめグラフ" を使って、営業所ごとの月別売上データをグラフにしてみましょう。ここでは、グラフの基となる表をテーブル作成機能によって作成し、5 つの営業所の売上を、月別に半年分整理しました。

営業所別上半期売上一覧

この表のデータを基に、営業所ごとの傾向や月別の変化がわかりやすいグラフを作成しましょう。

  1. グラフの基となる表内の、任意のセルを選択します。

    表内の任意のセルを選択する

    グラフにするセル範囲をすべて選択する必要はありません。表内の 1 つのセルを選択するだけで、グラフにする範囲が自動的に判断されます。

  2. [挿入] タブの [おすすめグラフ] をクリックします

    [おすすめグラフ] をクリック

    [グラフの挿入] ダイアログ ボックスが表示され、データに適したタイプのグラフが [おすすめ] タブに提示されます。

  3. 作成したいグラフのタイプを選択します。

    グラフのタイプを選択する

    左側の一覧でタイプを選択すると、実際に作成されるグラフとその説明が、右側に表示されます。各タイプを確認し、最も適したものを選んでください。

  4. [OK] をクリックします。

    選択したタイプのグラフが、ワークシートに挿入されます。

    グラフがワークシートに挿入される


    ヒント グラフの位置やサイズの調整

    グラフは、ドラッグすると位置を移動できます。また、サイズ変更ハンドルをドラッグすると、サイズを変更することができます。

    基となるテーブルと重ならないように、位置やサイズを調整してください。

    例1 : 表の真下にグラフを移動

       グラフ内をクリック (選択) してからドラッグ

    グラフのサイズ変更

    例2 : 表の幅に合わせてグラフのサイズを調整

       サイズ変更ハンドルをドラッグ

    グラフのサイズ変更


    ヒント おすすめ以外のグラフを作成するには

    おすすめの中にはピンとくるグラフが無い、という場合は、[グラフの挿入] ダイアログ ボックスで、[すべてのグラフ] タブをクリックしてください。おすすめタイプだけでなく、すべてのグラフタイプが選択できるようになります。

    左側のリストでグラフの種類を選択し、右側のリストでタイプを選択すると、実際に挿入されるグラフが表示されます。

    "グラフ  タイトル" をクリック

ページの先頭へ


次は、「グラフのデザインや色使いを変えてみよう」です。

1234|次へ>>

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×