単一のブックにすべてのマクロを作成して保存する

注:  最新のヘルプ コンテンツをできるだけ早く、お客様がお使いの言語で提供したいと考えております。 このページは、自動翻訳によって翻訳されているため、文章校正のエラーや不正確な情報が含まれている可能性があります。私たちの目的は、このコンテンツがお客様の役に立つようにすることです。お客様にとって役立つ情報であったかどうかを、このページの下部でお知らせください。 簡単に参照できるように、こちらに 英語の記事 があります。

自分自身同じマクロを再作成する場合は、お使いのコンピューターに保存されているPersonal.xlsbと呼ばれる特殊なブックにマクロをコピーできます。個人用ブックに格納されているすべてのマクロは、同じコンピューター上の Excel を起動するたびに使用できるになります。

場所のみマクロが含まれているブックの機能、Excel の既定の動作とは別です。

個人用ブックを作成するには、最初、マクロを作成し、[個人用マクロ ブックに保存する必要があります。作業を開始する前に、 [開発] タブが、Excel のリボンで利用できることを確認します。詳細については、[開発] タブを表示するを参照してください。

作成および個人用マクロ ブックを更新します。

  1. [開発] タブの [コード] グループで、[マクロの記録] をクリックします。
    マクロの記録

  2. マクロの記録] ダイアログ ボックスで、[マクロ名] ボックスで、マクロのわかりやすい名前を入力します。名前には、スペースを使用しないことを確認します。

  3. マクロの保存先] ボックスに、個人用マクロ ブックを選択します。
    [マクロの記録] ダイアログ ボックス

  4. [OK] をクリックします。

  5. 記録する操作を実行します。

  6. [開発] タブの [コード] グループで、[記録終了] をクリックします。
    [記録終了]

  7. ブックを閉じます。

    個人用マクロ ブックに行った変更を保存するように求めるメッセージが表示されます。

  8. 保存するブックを保存する] をクリックします。

新しいマクロを作成して個人用ブックに保存するか、またはそこに保存されているマクロを更新するたびに、初めて保存するときと同様に、個人用ブックを保存するように求められます。

マクロを共有します。

別のブックまたはその逆の個人用ブックからマクロをコピーする場合は、これを行うVisual Basic Editor (VBE) にします。Alt キーを押しながら f11 キーを押して、Excel で Visual Basic Editor を起動できます。詳細については、1 つのブックから別のマクロのコピーは、「マクロ モジュール別ブックにコピーする」を参照してください。

Personal.xlsb ファイルを他のユーザーと共有する場合は、他のコンピューター上の XLSTART フォルダーにコピーすることができます。Windows 10、 Windows 7、 Windows Vistaでは、このブックは、C:\Users\user name\AppData\Local\Microsoft\Excel\XLStart フォルダーに保存されます。 Microsoft Windows xp の場合は、このブックは C:\Documents and Settings\user name\Application Data\Microsoft\Excel\XLStart フォルダーに保存されます。ときに、[マクロ] ダイアログ ボックスで、Excel が起動し、個人用マクロ ブックに保存したすべてのコードが表示されます XLStart フォルダーにブックが自動的に開く

いずれか、または他のユーザーと共有する、いくつかのマクロがあれば、できますを送信するメールでそれらを含むブック。こともできますブック使用可能な共有ネットワーク ドライブに格納する、またはサービスの SharePoint ライブラリからします。

個人用ブックを作成するには、最初、マクロを作成し、[個人用マクロ ブックに保存する必要があります。作業を開始する前に、 [開発] タブが、Excel のリボンで利用できることを確認します。操作を行います。

[ Excel ] メニューの [環境設定]をクリックして >リボンとツールバーリボンのユーザー設定] カテゴリの [メイン タブ] ボックスの一覧で、[開発] チェック ボックスを選択し、[保存] をクリックします。

作成および個人用マクロ ブックを更新します。

個人用ブックを作成するには、最初、マクロを作成し、[個人用マクロ ブックに保存する必要があります。

  1. [開発] タブの [マクロの記録] をクリックします

  2. マクロの記録] ダイアログ ボックスで、[マクロ名] ボックスで、マクロのわかりやすい名前を入力します。名前には、スペースを使用しないことを確認します。

  3. マクロの保存先] ボックスに、個人用マクロ ブックを選択します。

  4. [OK] をクリックします。

  5. 記録する操作を実行します。

  6. [開発] タブの [記録終了] をクリックします。

  7. 変更を保存し、ブック、最後に、Excel を閉じます。

    個人用マクロ ブックに行った変更を保存するように求めるメッセージが表示されます。

  8. 保存するブックを保存する] をクリックします。

いつでも新しいマクロを作成して、個人用ブックの保存または更新する、内にあるすべてのマクロするように求められます個人用ブックを保存します。

マクロを共有します。

個人用ブックまたはその反対に別のブックからマクロをコピーする場合は、これを行うVisual Basic Editor (VBE) にします。[開発] タブの [ Visual Basic ] をクリックして、Excel で Visual Basic Editor を起動できます。詳細については、1 つのブックから別のマクロのコピーは、「マクロ モジュール別ブックにコピーする」を参照してください。

Personal.xlsb ファイルを他のユーザーと共有する場合は、他のコンピューター上の Excel ホーム フォルダーにコピーすることができます。For Mac には、そのフォルダーは ~/Library/Containers/com.microsoft.Excel/Data/Library/Application サポート/Microsoft/移動/Excel でホーム フォルダー/します。

いずれか、または他のユーザーと共有する、いくつかのマクロがあれば、できますを送信するメールでそれらを含むブック。こともできますブック使用可能な共有ネットワーク ドライブに格納する、またはサービスの SharePoint ライブラリからします。

補足説明

Excel Tech Community では、いつでも専門家に質問できます。Microsoft コミュニティでは、サポートを受けられます。また、Excel User Voice では、新機能についての提案や改善案を送信することができます。

ページの先頭へ

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×