iOS 版 Outlook モバイル アプリでのメール設定

この記事では、電子メール アカウントの設定についてのみ説明します。iOS 版 Outlook アプリの使用について問題がある場合は、アプリ内 Outlook サポート チケットを開きます

一般法人向け Office 365 または Exchange ベースのアカウントを使用する職場または学校のアカウントをお持ちの場合は、IT 管理者によって追加の要件が設定されている場合があります。たとえば、会社が管理しているデバイス、または基本認証を構成したオンプレミスの Exchange サーバーをお持ちの場合、会社にアプリの保護のためのモバイルアプリの管理が必要な場合などです。具体的な手順については、「追加の要件を持つ職場または学校アカウントを設定する」を参照してください。

手順 1
グレーの線

注: Intune ポータル アプリを必要とする職場アカウントをお持ちの場合は、Outlook for iOS をセットアップする前に App Store からインストールします。IT 管理者は、iOS デバイスを Intune に登録する必要がある場合とない場合があります。

iOS App Store から Outlook をダウンロードして開きます。アイコンの状態:

iOS Outlook アプリ

注: iOS 10.0 以上の iOS デバイスに対応しています。

手順 2
グレーの線
iOS 版 Outlook を使用するのが初めてである場合は、お使いの完全なメール アドレスを入力してから、[アカウントの追加] をタップします。

初めてでない場合は、[メニュー] を開き、[設定] Outlook アプリの設定 、[アカウントの追加]、[メール アカウントの追加] の順にタップします。

メール アドレスを入力する

手順 3
グレーの線
使用するメール プロバイダーを選択するように求められた場合は、設定に誤りがある可能性があるので、IT 管理者に問い合わせてください。

また、メール アカウントを手動で設定することも、IMAP/POP を使用することもできます。

手順 4
グレーの線
メール アカウントのパスワードを入力し、[サインイン] をタップします。

注: ご利用のメール プロバイダーによって、サインイン画面が異なる場合があります。

Outlook.com パスワードを入力する

手順 5
グレーの線
多要素認証が有効になっている場合は、自分の ID を確認してください。詳細については、「セキュリティ情報の概要」を参照してください。

テキスト メッセージを確認し、6 桁のコードを入力します。

手順 6
グレーの線
アクセス許可の確認メッセージが表示されたら、承諾します。

スワイプして機能を表示します。これで iOS 版 Outlook を使用できるようになりました。

追加の要件を持つ職場または学校アカウントを設定する

一部の職場または学校アカウントで iOS 版 Outlook を使用するには、事前に追加のセキュリティ要件を満たしておく必要があります。使用している職場または学校アカウントにどのような状況が当てはまるのかがわからない場合は、Office 365 管理者にお問い合わせください。

次の項目を開くには展開コントロールをクリックします

数分以上停止した場合は、通常、進行を停止してからやり直す必要があるため、登録プロセスを開始したら、プロセス全体を完了する必要があります。このプロセスに失敗した場合、もう一度試すには、会社ポータル アプリに戻る必要があります。

  1. iOS App Store を開きます。Intune ポータル サイト アプリを検索してダウンロードします。

  2. 次に、Microsoft Authenticator アプリを検索してダウンロードします。

  3. 会社のリソースへのアクセスの設定に関する記事に説明された手順に従って、使用する iOS スマートフォンまたはタブレットを登録します。重要: いったん登録処理を開始すると、処理全体を完了する必要があります。数分以上停止した場合、通常は進行を停止し、最初からやり直す必要があるからです。この処理に失敗した場合、もう一度試すには、ポータル サイト アプリに戻る必要があります。

    注: 多要素認証を求めるメッセージが表示された場合は、「セキュリティ情報の概要」を参照してください。

  4. iOS 版 Outlook アプリを開きます。アイコンはこのように表示されます。

    iOS Outlook アプリ

    注: デバイスが登録されたら、次の 2 とおりの方法で Outlook などのマネージド アプリをインストールできます。

    • ポータル サイト アプリから自分でアプリケーションをインストールします。

    • 登録処理中に会社によって自動的にインストールされる場合があります。

  5. 使用するアカウントが見つかったら、[アカウントの追加] をタップします。

    注: アカウントが自動的に見つからない場合は、会社のメール アドレスを手動で入力して、[アカウントの追加] をタップします。 

  6. メール アカウントのパスワードを入力し、[サインイン] をタップします。

  7. 操作を続行する前に登録を必要とするコントロールを会社が実装している場合もあります。登録を行うことで、組織によってデバイスが検証されるようにして、自分の ID を確認します。デバイスを登録するように求めるメッセージが表示される場合は、[登録] をタップします。

  8. Outlook を開いた後は、会社のポリシー設定や、お使いのデバイスを使用して以前に企業リソースにアクセスしたかどうかなど、さまざまな要因によって、ユーザーの操作が決定されます。たとえば、Microsoft Authenticator アプリを使用して認証を求めるメッセージが表示されることがあります。PIN を入力するように求められる場合もあります。デバイスに表示される指示に従って、自分に与えられた状況を確認します。

これで iOS 版 Outlook の使用を開始する準備が整いました。Outlook を最大限に活用しましょう。

スマートフォンやタブレット用に Outlook モバイル アプリを最適化する

iOS 版 Outlook のクイック ガイド

  1. iOS App Store を開きます。Microsoft Authenticator アプリを検索してダウンロードします。

  2. まだ使用していない場合は、iOS App Store から iOS 版 Outlook アプリをインストールするか、ここをクリックして電話番号を入力し、ダウンロード リンクを受け取ります。

  3. iOS 版 Outlook アプリを開きます。アイコンはこのように表示されます。

    iOS Outlook アプリ

  4. 使用するアカウントが見つかったら、[アカウントの追加] をタップします。

    注: アカウントが自動的に見つからない場合は、会社のメール アドレスを入力して、[アカウントの追加] をタップします。 

  5. メール アカウントのパスワードを入力し、[サインイン] をタップします。

    注: ユーザーの操作は、会社の要件によって異なる場合があります。たとえば、Microsoft Authenticator アプリを使用して認証を求められたり、テキストまたは電話で自分を検証することを求められたりします。詳細については、「セキュリティ情報の概要」を参照してください。

  6. 操作を続行する前に登録を必要とするコントロールを会社が実装している場合もあります。登録を行うことで、組織によってデバイスが検証されるようにして、自分の ID を確認します。デバイスを登録するように求めるメッセージが表示される場合は、[登録] をタップします。

  7. 別のアカウントを追加するように求めるメッセージが表示されたら、[後で] をタップします。

  8. [スキップ] をタップするか、機能画面をスワイプします。

  9. [組織によってこのアプリのデータが保護されるようになります。続行するには、アプリを再起動する必要があります] というメッセージが表示されます。[OK] をタップします。

  10. iOS 版 Outlook を再起動し、メッセージが表示されたら暗証番号 (PIN) を設定します。

これで iOS 版 Outlook の使用を開始する準備が整いました。Outlook を最大限に活用しましょう。

スマートフォンやタブレット用に Outlook モバイル アプリを最適化する

Outlook for iOS のクイック ガイド

  1. まだ使用していない場合は、iOS App Store から iOS 版 Outlook アプリをインストールするか、ここをクリックして電話番号を入力し、ダウンロード リンクを受け取ります。

  2. 初めての場合は、iOS 版 Outlook アプリを開いて [開始する] をタップします。それ以外の場合は、左上隅で [メニュー] [その他] ボタン を開きます。

    隅にある折りたたみ可能なメニューをタップして開く

  3. [設定] 設定 、[アカウントの追加]、[メール アカウントの追加] の順にタップします。

    [アカウントの追加] をタップする

  4. 会社のメール アドレスを入力し、[アカウントの追加] をタップします。

  5. [Exchange] をタップします。

    Exchange アカウントを追加する
  6. 会社のメールアドレスとパスワードを入力して、アカウントを自動的に構成します。[サインイン] をタップします。

    注: 自動構成に失敗した場合は、[続行] をタップし、次の設定を手動で入力します。

    • サーバー名: これは通常、Web でメールを確認するときに入力した名前と同じです。

    • ドメイン: 通常、これは省略可能です。わからない場合は、IT 管理者に確認してください。

    • ユーザー名: これは、会社のメール アドレスです。

    • パスワード: これは、会社のメール アカウントのパスワードです。

  7. 完了したら [次へ] をタップし、機能をスワイプします。

これで iOS 版 Outlook の使用を開始する準備が整いました。Outlook を最大限に活用しましょう。

スマートフォンやタブレット用に Outlook モバイル アプリを最適化する

Outlook for iOS のクイック ガイド

  1. iOS 版 Outlook で、[設定]、[アカウントの追加]、[メール アカウントの追加] の順に移動します。

  2. メール アドレスを入力し、[アカウントの追加] をタップします。

  3. [メール プロバイダーの画面を選択] が表示される場合は、組織に応じて [Office 365] または [Exchange] を選びます。

  4. パスワードを入力し、[詳細設定を使う] に切り替えます。

  5. サーバーの設定を入力します。

    受信サーバーの設定

    • ドメイン\ユーザー名
      メール アドレス全体 (yourname@yourdomain.com など) を入力します。

    • パスワード
      メールにアクセスするために使用するパスワードを指定します。

    • サーバー

    • ポート
      443 または 993 を使用します。

    • セキュリティの種類
      [SSL/TLS] を選択するか、[安全な接続 (SSL) を使用する] チェック ボックスがオンになっていることを確認し、[次へ] をタップします。

    送信 (SMTP) サーバーの設定

    • SMTP サーバー

      • Exchange アカウント - IT 管理者にサーバー情報についてお問い合わせください。

      • Office 365 の職場または学校アカウント - smtp.office365.com を使用します。

    • セキュリティの種類
      [TLS] を選択します。

    • ポート番号
      587」と入力します。[次へ] をタップします。

  6. [サインイン] をタップします。

iOS 版 Outlook の設定でさらにヘルプが必要な場合

この記事は、お客様のフィードバックを基に 2018 年 12 月 3 日に最終更新されました。iOS 版 Outlook を使用してメールを設定するときに引き続きサポートが必要な場合は、アプリ内 Outlook サポート チケットを開くか、後で Microsoft が対応できるように、以下のコメント ボックスを使用して質問の詳細を入力してください。

次の項目を開くには展開コントロールをクリックします

IMAP または POP のメール アカウントを設定する場合、または Exchange ActiveSync でメール アカウントをお持ちでない場合は、次の手順を実行します。IMAP または POP を使ってメール アカウントを設定すると、メールのみが同期され、予定表や連絡先は同期されません。IMAP と POP について教えてください

POP アカウントの設定については、「iOS 版 Outlook または Android 版 Outlook で POP メール アカウントを設定する」を参照してください。

iOS 版 Outlook で手動で IMAP アカウントを設定します

  1. iOS 版 Outlook で、[設定]、[アカウントの追加]、[メール アカウントの追加] の順に移動します。

  2. メール アドレスを入力し、[アカウントの追加] をタップします。

  3. [メール プロバイダーの画面を選択] が表示される場合は、[IMAP] を選択します。

  4. パスワードを入力し、[詳細設定を使う] に切り替えます。

  5. 必要なサーバーの設定情報を入力します。[サインイン] をタップします。

    注: この情報がわからない場合は、メール プロバイダーまたは管理者から入手する必要があります。一般的なサーバーの設定の一覧とヘルプの情報については、「メール プロバイダーから入手する必要があるサーバーの設定」を参照してください。

Exchange のパスワードを入力する

パスワードの変更は、メール プロバイダーの Web サイトで行う必要があります。

  1. メール プロバイダーの Web サイトに移動します。

    たとえば、@hotmail.com というメール アカウントを使っている場合は outlook.com にサインインし、Gmail を使っている場合は Gmail.com にアクセスします。

  2. アカウントまたはプロファイルの設定に移動します。

  3. パスワードを変更します。

  4. iOS 版 Outlook 側で同期エラーが検出され、パスワードを再入力する画面が表示されます。

iOS 版 Outlook を新しいパスワードと同期するのが難しい場合は、メール アカウントを削除してから、もう一度追加します。

注: Microsoft アカウントのメール アカウントのパスワードを変更する場合は、その他の Microsoft アプリケーションや Web サイトにもう一度ログインする必要がある場合があります。

まず、Outlook.com (hotmail.com、msn.com、live.com などを含みます) を使用している場合は、こちらから Outlook.com のサーバーの状態を確認します。下記のオプションから選択します。

Outlook を最大限に活用しましょう

スマートフォンやタブレット用に Outlook モバイル アプリを最適化する

Outlook for Android Cheat Sheet

Office のスキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×