STDEV.P 関数

引数を母集団全体であると見なして、母集団の標準偏差を返します (論理値と文字列は除く)。

標準偏差とは、統計的な対象となる値がその平均からどれだけ広い範囲に分布しているかを計測したものです。

書式

STDEV.P(数値 1,[数値 2],...)

STDEV.P 関数の書式には、次の引数があります。

  • 数値 1    必ず指定します。母集団に対応する最初の数値引数を指定します。

  • 数値 2, ...    省略可能です。母集団全体に対応する数値引数を指定します。引数は 2 ~ 254 個まで指定できます。また、半角のカンマ (,) で区切られた引数の代わりに、単一配列や、配列への参照を指定することもできます。

解説

  • STDEV.P 関数は、引数を母集団全体であると見なします。指定する数値が母集団の標本である場合は、STDEV 関数を使用して標準偏差を計算してください。

  • 標本数が非常に多い場合、STDEV.S 関数と STDEV.P 関数の戻り値は、ほぼ同じ値になります。

  • 標準偏差は、n 法を使って計算します。

  • 引数には、数値、数値配列、または数値を含む範囲を参照する名前かセル参照を指定します。

  • 引数として指定した論理値と、数値を表す文字列が計算の対象となります。

  • 引数が配列またはセル範囲の参照である場合、その中に含まれている数値だけが計算の対象となります。空白セル、論理値、文字列、またはエラー値はすべて無視されます。

  • エラー値または数値に変換できない文字列を指定すると、エラーになります。

  • セル参照に計算の一部として論理値や数値を表す文字列を含める場合は、STDEVPA 関数を使用します。

  • STDEV.P 関数は次の式を使って標準偏差を計算します。

    数式

    ここで、x は標本平均 AVERAGE(数値 1, 数値 2, ...)、n は標本数です。

使用例

次の表のサンプル データをコピーし、新しい Excel ワークシートのセル A1 に貼り付けます。数式を選択して、F2 キーを押し、さらに Enter キーを押すと、結果が表示されます。必要に応じて、列幅を調整してすべてのデータを表示してください。

データ

強度

1,345

1,301

1,368

1,322

1,310

1,370

1,318

1,350

1,303

1,299

数式

説明

結果

=STDEV.P(A3:A12)

製造された 10 個の部品のみを母集団とした場合の強度の標準偏差を計算します。

26.05455814

スキルを磨く
トレーニングの探索
新機能を最初に入手
Office Insider に参加する

この情報は役に立ちましたか?

ご意見をいただきありがとうございます。

フィードバックをお寄せいただき、ありがとうございます。Office サポートの担当者におつなぎいたします。

×