ROW 関数

ここでは、Microsoft Excel の ROW 関数の書式および使用法について説明します。

説明

引数として指定された配列の行番号を返します。

書式

ROW([範囲])

ROW 関数の書式には、次の引数があります。

  • 参照    省略可能です。 行番号を調べるセルまたはセル範囲の参照を指定します。

    • 範囲を省略すると、ROW 関数が入力されているセルの行番号が返されます。

    • 範囲がセル範囲に対する参照で、ROW 関数が縦方向の配列として入力されている場合、範囲の行番号は縦方向の配列となります。

    • 範囲に複数の選択範囲 (連続しない複数のセルまたはセル範囲) を指定することはできません。

使用例

次の表のサンプル データをコピーし、新しい Excel ワークシートのセル A1 に貼り付けます。数式を選択して、F2 キーを押し、さらに Enter キーを押すと、結果が表示されます。必要に応じて、列幅を調整してすべてのデータを表示してください。

数式

説明

結果

=ROW()

数式が入力されている行の行番号を調べます

2

=ROW(C10)

指定したセル参照の行番号を調べます

10

共有 Facebook Facebook Twitter Twitter メール メール

この情報は役に立ちましたか?

ありがとうございます。その他のフィードバックはありませんか?

改善内容をお聞かせください

ご意見をいただきありがとうございます。

×