Office 365 と Office 2016 の違い

Office 365 は、最新バージョンの Office (現時点では Office 2016) を含むサブスクリプション サービスです。Word、PowerPoint、Excel のような使い慣れたアプリケーションに加え、追加のオンライン ストレージ、継続的な技術サポート (追加料金なし) などが用意されています。

Office 365 サブスクリプションは月単位または年単位でお支払いいただけます。さまざまな Office 365 プランが、家庭と個人使用向けだけでなく、中小企業大企業学校、および非営利団体向けに提供されています。

また、Office 2016パッケージ版としても販売されています。これは、1 台のコンピューターに Office アプリケーションを取得するために、前払いコストを 1 回支払うことを意味します。パッケージ版には、アップグレード オプションはありません。これは、次のメジャー リリースにアップグレードすることを計画している場合は、正規の価格で購入する必要があることを意味します。

Office Online は、無料版の Office で、Web ブラウザーで使用できます。Office Online アプリを試す

お使いのブラウザーではビデオがサポートされていません。 Microsoft Silverlight、Adobe Flash Player、Internet Explorer 9 のいずれかをインストールしてください。

パッケージ版の Office 2016 と Office 365 サブスクリプションの比較

パッケージ版
(例:Office Professional 2016)

Office 365 サブスクリプション
(例:Office 365 Solo)

コスト

1 回の支払い、1 回限りのコスト

毎月少額の支払い、またはお得な一括年払い

Office アプリケーション

含む

Excel、Word、PowerPoint などの Office 2016 アプリケーションを取得します。新機能がリリースされる場合、アプリは更新されません。

含む

Excel、Word、PowerPoint、Outlook などの Office アプリケーションの最新バージョンを取得します。現在は Office 2016 ですが、使用しているバージョンは新機能の更新プログラムを受け取るまで継続されます。また、PC ユーザーは Access と Publisher も取得します。

機能の更新

含まない

セキュリティ更新プログラムは含まれていますが、Office 2016 に追加される新機能を取得することはありません。メジャー リリースへのアップグレードは含まれていません。

含む

Office のバージョンは常に改善されています。Microsoft から最新の機能と更新プログラムを取得します。今後のバージョンへのメジャー アップグレードが含まれます。

複数のコンピューター (Mac または PC) に Office をインストールする

含まない

パッケージ版は 1 つのオペレーティング システム用に設計されているため、Office のコピーを 1 台の Mac または PC で使用する場合に適しています。

含む

Office 365 Solo では、2 台の Windows PC または Mac に Office デスクトップ アプリケーションをインストールできます。

Office をインストールして、タブレットやスマートフォンで拡張機能を利用する

含まない

タブレットやスマート フォンでのみの基本的な編集機能を利用します。

含む

デバイス上で Office アプリにサインインして、追加機能を利用します。Office 365 Solo では、2 台のタブレットと 2 台のスマートフォンで追加機能を利用します。

追加のオンライン ストレージ

含まない

含まれません。

含む

クラウドにファイルを安全に保存して、どこからでもアクセスできます。1 TB の OneDrive クラウド ストレージが付与されます。

テクニカル サポートを含む

含まない

インストール用にのみ初期のテクニカル サポートが含まれています。

含む

技術的な問題やサブスクリプションと課金のサポートについては、サブスクリプションの期間全体を通してお問い合わせください。追加料金は必要ありません。

FAQ

次のオプションを選択して、価格情報を取得します。

家庭または個人使用向け

価格の比較

一般法人向け

Office 365 サブスクリプション

Office 365 Solo (1 人のユーザー向け)

Office 365 中小規模法人向けプランの比較 (最大 300 ユーザー)

Office 365 Enterprise プランの比較

パッケージ版の Office

1 台の PC用:

Office Personal 2016

Office Home & Business 2016

Office Professional 2016

1 台の Mac 用:

Office Home & Student 2016 for Mac

Office Home & Business 2016 for Mac

1 台の PC用:

Office Home & Business 2016

Office Professional 2016

1 台の Mac 用:

Office Home & Business 2016 for Mac

非営利組織向け: Office 365 Nonprofit のプラン

はい。Mac または PC 用のスタンドアロン バージョンの Word、Excel、PowerPoint を購入することができます。Microsoft ストアに移動して、必要なアプリケーションを検索します。

また、PC のみで利用可能なパッケージ版またはサブスクリプション版の Visio または Project を入手することもできます。Visio を購入、または Project を購入します。

Office 365 サブスクリプションは、Mac と PC の両方で動作します。 ただし、パッケージ版の Office が必要な場合は、Office Home & Business 2016 for Mac を購入するか、または Office Home & Student 2016 for Mac を購入する必要があります。これら 2 つの製品の主な違いは、Office Home & Business 2016 for Mac には Outlook が含まれ、ビジネス使用向けにライセンスされているということです。

デバイス上にインストールしてアクティブ化した後は、Office を使用するためにオンラインにする必要はありません。ただし、Office の最初のインストールおよびアクティブ化、更新プログラムのインストール、および課金情報の管理を行うには、インターネット アクセスが必要です。また、OneDrive デスクトップ アプリをインストールしていない限り、OneDrive に保存されているドキュメントにアクセスする場合も、インターネット アクセスが必要です。ただし、Office アプリケーション (Word、PowerPoint、Excel など) をインストールすると、オフラインで使用することができます。

Office のバージョンを最新の状態に保ち、自動アップグレードの利点を役立てるには、インターネットに接続する必要があります。39 日間インターネットに接続しなければ、アプリケーションは機能制限モードになり、ライセンスのない製品エラーが表示される場合があります。Office アプリケーションを再度有効にするには、インターネットに再接続し、Office 365 にサインインするだけです。サインインの方法について説明します。

関連項目

最適な Office を見つける

Office 365 向けの Office 2016 の新しい機能と改善された機能

お問い合わせ お問い合わせ お問い合わせ
共有 Facebook Facebook Twitter Twitter メール メール

この情報は役に立ちましたか?

ありがとうございます。その他のフィードバックはありませんか?

改善内容をお聞かせください

ご意見をいただきありがとうございます。

×