CONCATENATE 関数

重要:  この記事は機械翻訳されています。機械翻訳についての「免責事項」をお読みください。この記事の英語版を参照するには、ここをクリックしてください。

2 つ以上の文字列を 1 つの文字列に結合するには、文字列関数CONCATENATE を使います。

重要: Excel 2016、Excel Mobile、および Excel オンラインでは、この関数は CONCAT 関数に置き換えられています。CONCATENATE 関数は、引き続き下位互換性がありますが、今後は CONCAT を使用することを検討する必要があります。これは、CONCATENATE が Excel の将来のバージョンで利用できない可能性があるためです。

書式: CONCATENATE(文字列 1 [文字列 2], ...)

次に例を示します。

  • =CONCATENATE("A2", " ", A3, "に対する輸出伸び率は", A4, "% と予想される")

  • =CONCATENATE(B2, " ", C2)

引数名

説明

文字列 1    (必須)

結合する最初の項目です。この項目には、テキスト値、数字、セル参照のいずれかを指定できます。

文字列 2, ...    (省略可能)

結合するその他の文字列です。最大で 255 個の項目、合計 8,192 文字を指定できます。

以下に挙げた式の例を Excel で試すには、下の表のデータをコピーし、新しいワークシートのセル A1 の位置に貼り付けます。

データ

来期の

Andreas

Hauser

北米市場

Fourth

Pine

32

数式

説明

=CONCATENATE("A2", " ", A3, "に対する輸出伸び率は", A4, "% と予想される")

列 A のデータと他の文字列を結合して文を作成します。結果は、"来期の北米市場に対する輸出伸び率は 32% と予想される" になります。

=CONCATENATE(B2, " ", C2)

セル B2 の文字列、空白文字、セル C2 の値の 3 つを結合します。結果は、"Andreas Hauser" になります。

=CONCATENATE(C2, ", ", B2)

セル C2 の文字列、コンマと空白文字が含まれた文字列、セル B2 の値の 3 つを結合します。結果は、"Andreas Hauser" になります。

=CONCATENATE(B3, " & ", C3)

セル B3 の文字列、アンパサンドの前後に空白文字が 1 つずつ付加された文字列、セル C3 の値の 3 つを結合します。結果は、"Fourth & Pine" になります。

=B3 & " & " & C3

前の例と同じ項目を結合するのに、CONCATENATE 関数ではなく、計算演算子アンパサンド (&) を使います。結果は、"Fourth & Pine" になります。

よくある問題

問題

説明

結果文字列に二重引用符が表示される

隣接するテキスト項目を区切る場合は、コンマを使います。例: 「=CONCATENATE("Hello ""World")」の場合、「Hello"World」のように余分な二重引用符が表示されてしまいます。これは、テキスト引数の間にコンマがないためです。

数字の場合、二重引用符は必要ありません。

複数の単語が混ざってしまう

複数のテキスト エントリの間に空白文字がないと、テキスト エントリが混ざってしまいます。次のいずれかの方法で、CONCATENATE 数式に空白文字を追加してください。

  • テキスト エントリの間に二重引用符で囲んだ空白文字を追加します。例: =CONCATENATE("Hello", " ", "World!")

  • テキスト 引数の後に空白文字を追加します。例: =CONCATENATE("Hello ", "World!") この例では、文字列 "Hello " に空白文字が追加されています。

想定される結果ではなく、#Name? エラーが表示される

#NAME? は、通常、テキスト引数に二重引用符がないことを意味します。

ベスト プラクティス

操作

説明

CONCATENATE 関数の代わりにアンパサンド (&) を使う

計算演算子アンパサンド (&) を使うと、関数を使わずに、複数のテキスト項目を結合できます。

たとえば、=A1 & B1 は、=CONCATENATE(A1,B1) と同じ値を返します。多くの場合、計算演算子アンパサンド (&) を使う方が CONCATENATE を使うよりも、文字列をすばやく簡単に作成できます。

詳細については計算演算子の使用します

文字列の組み合わせや書式設定に TEXT 関数を使う

TEXT 関数を使うと、数値をテキストに変換したり、数字をテキストや記号と組み合わせたりできます。

たとえば、セル A1 に数値 23.5 が含まれているとします。この数値を金額 (ドル表示) として書式設定するには、次の数式を使います。

=TEXT(A1,"$0.00")

結果: $23.50

関連情報

注: 機械翻訳についての免責事項: この記事の翻訳はコンピューター システムによって行われており、人間の手は加えられていません。マイクロソフトでは、英語を話さないユーザーがマイクロソフトの製品、サービス、テクノロジに関するコンテンツを理解するのに役立てるため、こうした機械翻訳を提供しています。記事は機械翻訳されているため、用語、構文、文法などに誤りがある場合があります。

共有 Facebook Facebook Twitter Twitter メール メール

この情報は役に立ちましたか?

ありがとうございます。その他のフィードバックはありませんか?

改善内容をお聞かせください

ご意見をいただきありがとうございます。

×